ぶどうを食べて健康に!

健康・美容

ぶどうを食べて健康に!

どんな健康法なのか!について調べてみました。

ぶどう兼法についてご存知ですか?

ぶどうは昔薬用として栽培されていた果物です

畑のミルクとも呼ばれぶどうを食べる健康法

ワインやジュースを飲んでの健康法があります。

ではぶどうにはどんな栄養が含まれているのでしょうか?

* カリウム
* ブドウ糖
* 果糖
* アントシアン
* レスベラトロール(赤ブドウ)
* 有機酸
* ペクチン
* ビタミン

が含まれています。

ではこれらの栄養は私たちにどの様な効能をもたらしてくれるのでしょうか?

カリウム
 
 体内の余分なナトリウムを排泄をうながし、血圧を下げてくれます。
 また利尿作用もあり、腎臓の働きを助けます。
 体にこもった熱を排出しますので熱中症対策におすすめです。
 むくみや高血圧症にも期待できます。


ブドウ糖

 脳の唯一の栄養、脳細胞の大切な栄養素になります。
 体内に容易に吸収されてエネルギーになり疲労回復の効果が期待できます。

ポリフェノール

 視力回復や活性酸素の除去に効果があります。
 悪玉コレステロールの発生を防ぎ血液をキレイにする働きがあるため、
 動脈硬化やがん予防にも効果があります。

有機酸

 ぶどうの中には有機酸といわれる、酒石酸とリンゴ酸が含まれています。
 酒石酸は、腸内で悪玉菌の増殖を抑制し、
 ビフィズス菌などの善玉菌を増やし腸内を健康に保ち、
 便秘や大腸ガンなどのさまざまな病気を予防します。

 リンゴ酸は、活性酸素の抑制、疲労の原因物質である乳酸を減らし、
 腸の働きの活発化、体内の浄化作用などがあります。


ペクチン

 殺菌効果、血液の凝固調節、抗腫瘍性、免疫作用の適正化、
 ガンの転移抑制、コレステロールの減少に期待できます。

ビタミンB1
 
 糖質をエネルギーに変える働きがあり、疲労回復に。

ビタミンB2

 細胞の再生や、脂肪やタンパク質のエネルギー代謝を助ける働き

ビタミンE、ビタミンC
 
 強い抗酸化作用があり、動脈硬化や脳卒中、心筋梗塞などの予防に効果的


タンニン
 
 ウイルスなどに対する殺菌作用があります。

というようにぶどうはものすごく私たちの体に良いので
ジュースを飲んだり、干しぶどうを食べたり、ワインを飲んだり
するだけでもかなり違います。

あなたも是非ぶどうを食べて健康になりましょう!

もちろん 苦手な方には

ビタミンのサプリメント

アロエジュースがおすすめです。



1

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ