柿を食べて病気知らず

健康・美容

柿を食べて病気知らず

秋の食べ物と言えば柿

その柿の栄養、効能について詳しく調べてみました。

秋の食べ物と言えば柿

柿はそのまま食べても

サラダに和えても

渋いものは干し柿にしても

おいしいので人気のある果物です

ではその柿にはどのような栄養がふくまれているのでしょうか?

* ビタミンC
* βカロチン
* ペクチン
* タンニン

ではそれらの栄養素が私たちにどのような効果をもたらしてくれるのでしょうか?

ビタミンC
柿をひとつ食べれば、大人一日にとるべきビタミンCの摂取量が十分に補うことが出来ます。

疲労回復、風邪予防に効果的

ビタミンCはお肌のシミ、そばかすなどの予防や、若々しいハリをもたらし、しわ、たるみなどの美肌作りに最適なミネラルです。

ちなみ、葉の部分には果実の部分よりも多くのビタミンCが含まれているので若葉を天ぷらにしたり、お茶にして飲むと美肌効果抜群です。



■β-カロテン
β-カロテンは、肌荒れなどに効果的です。

特に干し柿の場合は、生柿と比較して約2倍のβ-カロテンを含んでおり、効率よく摂取することができます。


■ペクチン
ペクチンは食物繊維のことで、コレステロールの吸収を抑制する働きがあるためダイエットをしたい方にオススメです。

特に干し柿はペクチンの含有量が非常に豊富なため、便秘予防などにも効果的ですが、少しカロリーが高めなので摂取量には注意をしましょう。

■タンニン

タンニンは血液中にある毒素や悪玉菌を減らし、血液の流れをよくする働きがあるため、脳梗塞、脳溢血、心筋梗塞などの現代病の予防になります。

このように美肌効果、風邪予防、現代病予防

と素晴らしい効果のある柿です。

季節の変わり目には風邪を引きやすい時期

柿を食べて風邪を引きにくい体にしてみてはいかがでしょうか?


もちろん柿を食べるには季節があります。

ビタミンの効能が欲しい方にはビタミンのサプリメント

血液をきれいにしたり、便秘解消にはアロエジュースをお勧めします。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ